メタボリック症候群

メタボリック症候群という用語は、最近ではずいぶんと一般的なものになったようです。メタボリック症候群という単語は、最近ではごく普通に用いられるようになりました。どのようなことをすると、メタボリック症候群予防になるでしょう。この頃は、メタボリック症候群という元々の言葉よりメタボという略称の方が多くの人の知るところにあるようです。メタボリック症候群をメタボともいい、同じ意味です。認知度の高いメタボリック症候群ですが、一体何なのかと聞かれると正確に答えられる人は少ないかもしれません。

腹回りに肉がついていると全てメタボリック症候群だと大ざっぱに判断している方も存在します。しかし、間違いではないにしても正解ではありません。

メタボリック症候群とは内臓脂肪型肥満によって生活習慣病とされる様々な病気を発症しやくなっている状態であることを指す言葉です。生活習慣が発症原因に深く関わっているとされる高脂血症、高血圧、糖尿病は内臓型肥満にある人に起きやすいといいます。生活リズムや食習慣を規則正しいものにし、身体を動かす習慣をつけることが、メタボリック症候群予防に役立ちます。メタボリック症候群予防には、腹部の脂肪が気になり出す前から運動の習慣や食べ過ぎに注意し、生活習慣病にならない努力をする必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする